釣り便り

令和元年5月4日釣り大会開です。

5月4日(土)久多の里第13回アマゴ釣り大会を開催します。
景品も用意していますので、春の連休の中ご家族でのんびりされませんか? taikai-vol13.jpg

2019年3月3日解禁

いよいよ解禁です。当日は50名強の方が入川されました。天候が心配で、雨は昼過ぎまでもってくれたのですが、気温は上がらず餌の食いはあまり良くなかったようです。
餌釣りの方は10〜30尾、ルアー・フライの方は前半苦戦されたようです。
2019030301.jpg
1
2019030302.jpg
2
2019030304.jpg

8月26日(日)ルアー&フライ大会開催です。

下記の通り、ルアー&フライ大会を開催します。
ルアー、フライ、テンカラなど疑似餌釣りに絞った大会です。第4回になりますが、まだ参加者も少なく、優勝を狙うチャンスです!! ルアー&フライ大会-4b.jpg

7月1日(日)アユ友釣り解禁

解禁前日昼過ぎから土砂降りの雨で久多川も針畑川も赤濁りとなり、一時はどうなるかと思いましたが、当日は水位も下がり軽い笹濁り程度となり、無事解禁を迎えることが出来ました。
水温は2℃ほど下がってしまいましたので、夜明けからしばらくは掛かりが悪かったようですが、時間とともにあちこちで掛かりはじめ、多い人で40から50匹の釣果でした。
20〜30匹の人が多かったようですが、最も多かった人は70超えでした。
大勢の方にお越しいただき、誠にありがとうございました。
しばらくはっきりしない天気が続くようですが、またぜひお越しください。
kaikinn-300.jpg 0
kaikin-301.jpg 1
kaikin-302.jpg 2
kaikin-303.jpg

6月19日アユ試し釣り

解禁まで10日余りとなった先日19日に「がまかつ」フィールドテスターの堀内圭三さんに試し釣りをお願いしました。
針畑川区域で2か所、久多川本流で3か所ほどで行いましたが、心配した生育遅れもなく15〜18僂猟匹だ韻料明なきれいなアユを確認できました。
まだ石についていない個体も多く見受けましたが、解禁日にはもっと追いが良くなるものと期待しています。
当日は「週刊釣ニュースの取材」もあり、結果は25日(月)発売の新聞に掲載される予定ですので、ぜひご確認ください。
梅雨の最中のことでお天気は分かりませんが、ぜひお越しください。
test-1.jpg 1
test-2.jpg 2
test-3.jpg

2018年5月4日第12回あまご釣り大会

恒例となりましたあまご釣り大会も12回目を迎えました。!!
当日はお天気も良く、新緑の中70名の方がエントリーしていただき、ご家族も含め100名以上の方にお越しいただきました。
たくさんの方にご参加いただき、本当にありがとうございました。
また当日は准組合員の方などたくさんの方にお手伝いいただき、ありがとうございました。
今年のチャンピオンは中学2年生。子供さんの釣果が良く大人たちの完敗でした。
20180504-00.jpg

20180504-02.jpg

20180504-03.jpg

20180504-04.jpg

20180504-05.jpg

20180504-06.jpg

あまごの稚魚

先日孵化したあまごの稚魚を撮影したときに、10匹ほどもらって帰り水槽に入れています。見た目はそれほど変わりませんが底のほうに固まっていたのが上層に泳ぎだすようになりました。
上に泳ぎだすようになったら餌を与えると聞いていたので、家にあっためだか用の餌をやってみましたが、口に入れても又出しているようなので、教わっていた卵の黄身を与えようと思い、ゆで卵の黄身を粉にしようと電子レンジに入れたら、大爆発してしまいました。
卵を殻のままレンジ入れてはいけないのはわかりますが、黄身の状態でも爆発するとは知りませんでした。
黄身を裏ごしするのを面倒がったせいで電子レンジの掃除に1時間はかかりましたが、何とか黄身の粉を作り水槽に入れてみたら、今度は良く食べていました。 tigyo0131.jpg

あまごの稚魚

12月に孵化したあまごの卵がそろそろ泳ぎだす頃で、孵化槽から大きな水槽に移すということで見に行ってきました。
まだ胸には卵黄の名残りがあり、泳ぎだすまでには1週間ほどかかるようで、水槽に移しても底にかたまっていますが、孵化したころに比べると大きさも約2.5cmと倍になり、体にはもうあまご独特のパーマークが見えます。 tigyo0110.jpg

アマゴの孵化

10月に採卵、受精したアマゴの卵が孵化しました。
まだ卵黄を胸に抱いた1センチほどの小さな幼魚ですが、水槽の暗がりで元気に動いていました。まだ泳ぎ回ることは出来ませんが、来年の1月には卵黄を吸収し終わり、稚魚として元気に泳ぎ回る姿を見せてくれると思います。 huka.jpg

アマゴの採卵

久多漁業組合では今年から、天然アマゴの育成の意味も含め、久多で孵化して育ったアマゴの稚魚や成魚を放流していますが、その養殖を行っている「三軒家養魚所」さんで今年の採卵が行われたので見学させてもらいました。
,泙坐び出したアマゴの腹を触った感触(職人技です)で卵の頃合を確認します。
⇒颪鮃覆蟒个靴泙后1匹で約800から1000個)。
オスの腹を絞り、受精させます。
ぐ鼎ぞ貊蠅芭水につけ孵化させます。
この日は約15万個の卵を準備し、孵化は天候にもよるそうですが12月の20日ごろだそうです。卵には紫外線がよくないので本当はカメラのフラッシュも良くないのですが、無理をお願いしました。 sairan.jpg

更新日時:Fri, 19 Apr 2019 08:38:08 JST (34d)